京都やおよしのブログ

有機野菜・京野菜の京都やおよしのブログ

京都を中心に西日本の有機野菜を農家さんより直接しいれる京都やおよしの日々の日記や、農家さん直伝レシピ等をご紹介します。

大原野 朝堀筍 2021/3/31

今朝も大原野の自社竹林へ

竹に寄りかかっている道具で掘ります。

この道具(ホリ)は鍛冶屋さんで作って頂いているオーダーメイド品です。

結構高いです^^;

f:id:kyotoyaoyoshi:20210331130357j:plain

まだまだ出てませんが少し掘れました。

まだ上の方の節なのでとても掘りやすいです。

筍は上の節(根っこ)から順番に出てくるので根っこの下の方は上の根っこが絡んで+深くなり掘りにくくなります。

f:id:kyotoyaoyoshi:20210331130546j:plain

ちゃんと割れ目があります。

f:id:kyotoyaoyoshi:20210331130625j:plain

周りを掘ると頭が見えますね!

f:id:kyotoyaoyoshi:20210331130659j:plain

掘れました!

f:id:kyotoyaoyoshi:20210331130744j:plain

今日はこれだけです。。。
週末は雨ですので来週頭頃から本格的に出ると村の皆も言ってました!

出ないと予約を沢山聞いておりますので困りますが・・・

大原野・朝堀筍 2021/3/30

今年は、大原野の桜が咲いてもなかなか出てくれなかった筍ですが、本日やっと顔を見せてくれました。

f:id:kyotoyaoyoshi:20210330193927j:plain

筍の掘り方は奥が深く、まずは土が十文字に割れている所を探します。

f:id:kyotoyaoyoshi:20210330194023j:plain

f:id:kyotoyaoyoshi:20210330194023j:plain

非常に小さな割れ目なので探すのが大変です。

頭が出てしまうと白子筍とは呼べません。。。

f:id:kyotoyaoyoshi:20210330194111j:plain

土を避けてやると頭が出てきましたね!

f:id:kyotoyaoyoshi:20210330194146j:plain

周りを京都特有の農機である堀で土を避けて、筍の根本を探し一差しで掘り上げます。

f:id:kyotoyaoyoshi:20210330194305j:plain

綺麗に掘れました!
まだまだ小さいですが出てきてくれて一安心です!
明日から毎日朝堀たけのこです!

最近の緊急

農業開始と行ってからずっと更新しないままでした!

とりあえず耕作放棄地であった補助はトラクターで鍬込んだり草を刈ったりと地道な作業を毎日しておりました。

山に松茸を探すのは早い段階で山を周り過ぎてシーズンに入ったら疲れて登れないという悪循環でした。

周りの山は今年は例年より半月以上出るのが遅く11月の10日程から出たそうです。

来年は10月末頃から散策しようと思います。

この秋冬シーズンは取りあえず植えれる所に

白菜

キャベツ

ブロッコリー

玉ねぎ

ニラ

イチゴ

を苗から植えました。

種からは

小松菜

千筋京水菜

その外バラバラを植え一週間程で二葉が出ました。


f:id:kyotoyaoyoshi:20191128151442j:image



f:id:kyotoyaoyoshi:20191128151451j:image


f:id:kyotoyaoyoshi:20191128151522j:image

今の課題は獣害対策です。

対策しては入られの悪循環で玉ねぎを植えた畝はボロボロに…

今日、大外はは金網ですが作物を植えた所も鹿除けネットを張りボコボコになった玉ねぎの畝ですが抜けてしまった物は植え替えました。

流石に全て抜いて畝を建て替えもう一度はメンタルが保ちそうにありません。。。

物凄く夏は過ごしやすく景色も良く、水も抜群に綺麗なのですが、周りの農家さん達が言うとおり獣害対策の大変さを思い知りました。(ちゃんと忠告を聞いたら良かったと反省です。)

未来の為にもちゃんとブログを書かないととこちらも反省です。

シーズンは過ぎちゃいましたがるり渓の紅葉です。
f:id:kyotoyaoyoshi:20191128152057j:image


f:id:kyotoyaoyoshi:20191128152111j:image


f:id:kyotoyaoyoshi:20191128152121j:image


f:id:kyotoyaoyoshi:20191128152134j:image

自社で農薬や化学肥料を使用せずに作物を育て少しでもフレッシュな野菜をお客様に届けたいと思い移転しました。

今はちゃんと育つのかが不安です。

今もですが取引させて頂いてる農家さんに色々相談したりで、本当に皆さん凄いなって実感してます。